Greeting ごあいさつ

Training Programs 外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は開発途上国の経済・産業の発展への貢献を目的とし、開発途上国の次世代を担う人材を一定期間日本の民間企業が受け入れ実務研修を行い、技能や技術、知識を伝えるという仕組みの制度です。
この制度によって、技能実習生は修得した技能を自身のビジネススキルのみならず祖国の経済的発展に活かすことができ、日本の民間企業は我が国の国際貢献の一端を担うことになります。
また、技能実習生を受け入れた企業は、目的意識が高い若者が職場に加わることとなり、社内の活性化、生産の向上が見込めます

技能実習の期間

2010年7月1日より技能実習制度関連の改正が施行され、実習生は入国後、2カ月間の講習を受けることが義務付けられました。(母国で講習を1か月以上(160時間以上)行った場合は1か月まで短縮可能)また、入国の10ヶ月後に一定水準の技能があることを証明し、「技能実習2号」への変更許可をうけることにより、更に2年の技能実習が行える制度になりました。

技能実習の流れ 技能実習の様子
賃金について

技能実習生は労働基準法に基づいた雇用契約の下で雇用します。最低賃金を下回ることはできません。

受け入れることができる業種・作業はこちら 技能実習生の受け入れ方法はこちら

PAGE TOP